浅草で、妙興寺蕎麦

画像



昨日は東京です。
前日j-kokoさんから昨日の東京着からの予定を聞かれて(笑)
恵比寿、その他へうろうろとするつもりだというと
写真展にくるはずの彼女の友人がキャンセルで
あいてるんだそうだ。

・・・・で、恵比寿あたりをうろっとした後
ホテルへチェックインしたのが午後4:30。

なら、浅草といえば「寺方蕎麦長浦」の(妙興寺蕎麦)
食べる予定だったので一緒に行くことに。



画像


最近は12:00~17:00営業なので間に合った。

汁は味噌が入った特別のもの。
蕎麦には白髪大根大根が入れてある。
これがたまらないんです(笑)

愛知県一宮市の妙興寺には古い覚書があるそうだ。

「茹で上げた蕎麦を冷水で洗い白髪大根と和えて碗に盛り
炒りごま、海苔を蕎麦の上に散らす。
汁は庫裡納豆、あるいは寺納豆とも言われた食材を調理し
禅味の代表的な蕎麦」だそうだ。


j-kokoさんは自宅へ帰り、私はといえば
これ又、蛇骨湯、温泉へ行った。

シャンプーした後髪がどうもこわばっていて・・・
すると隣にいた女性が、ここのシャンプーでは
リンスが必要でしょうと自分の持ち込んだリンスをくださった。

いやあ、江戸っ子女性に助けられ(爆)ましたわ。

旅はいいね。
地元の人との会話も楽しい。
最近は外国の人も入ってるので国際的!!
プチ露天風呂で地元の方もそう話していた。


画像











"浅草で、妙興寺蕎麦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント